日記

六曜

六曜を旧暦から求める方法

(旧暦の月+旧暦の日)÷6=○・・・あまり★

この・・・★あまりの数字で六曜が決まります。
0=大安
1=赤口
2=先勝
3=友引
4=先負
5=仏滅
となります。


赤口について、
赤口は赤舌日(しゃくせつにち)ともいわれ、
陰陽道においては、赤舌神(太歳神の王都の西門の番神)が六鬼の鬼神を使役し、
それを六日周期で一鬼ずつ遣わして守護させるという。

この六日の日のうち、使役する鬼神の一神(三番目の羅刹神)が横暴であるため、
転じて六日ごとに訪れるその日(赤口の日)を
結婚などの祝い行事はしないほうがよいとされています。




六大神 読み
第一番目の鬼神 明堂神 みやうだうしん・みょうどうしん
第二番目の鬼神 地荒神 ちくわうしん・ちこうしん
第三番目の鬼神 羅刹神 らせつしん・らせつしん
第四番目の鬼神 大澤神 だいたくしん
第五番目の鬼神 白道神 びゃくだうしん・びゃくどうじん
第六番目の鬼神 牢獄受神 らうごくじゆしん・ろうごくじゅしん


先勝
(さきかち・せんしょう・さきかち・さきがち)
先んずれば即ち勝つ。午前中は吉・
午後2時から6時までは凶。
友引
(ともびき)
凶事に友を引く。
もともと勝負なき共に引く(引き分け)の日といわれていた。
朝は吉。
昼は凶。
夕方は大吉。
ただし、葬式を忌む。
逆に慶事事では、幸せのおすそ分けということで、結婚披露宴の引き出物の発送をすることが増えている。
先負
(せんぶ、せんぷ、せんまけ、さきまけ)
先んずれば即ち負ける。
万事に平静であることが良い。
勝負事、急用は避ける。
仏滅
(ぶつめつ)
仏も滅するほどの大凶日。
元は空亡、虚亡の日。
また、物滅といわれていた。
何事も遠慮する日。
病めば長引く。
仏事はよいといわれる。
仏が滅することはないということから、結婚式をとり行うカップルもいます。(仏滅割引もありがたい)
大安
(たいあん)
本来は泰安。
多いに安しという意味ですが、
本来は、この日には何も行わないほうがよいという説もある
赤口
(しゃっこう、しゃっく、じゃっく、じゃっこう、せきぐち)
午の刻(午前11時から午後1時くらいまで)が吉。
それ以外の時間は凶。
死を連想するような、刃物や火に注意すること。
万事に用いない悪日。
ただし、法事にはよい。
また、正午だけは吉。


日記

一粒万倍日と不成就日とは

・一粒万倍日とは
一粒の籾(モミ)が万倍もの実のつまった稲穂になるという意味とされています。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、
特に仕事始め、開店、種まき、
お金を出すことに
縁起の良い日といわれています。

ただし、
他人からお金を借りたり、金融でお金を借りたり、
また、他人に借りをつくると、
その苦労の種が万倍になるので凶日になってしまうといわれています。


一粒万倍日の日は、上の記述のように一か月に何度もあるので、
他の暦注と重なる場合があります。
その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増しますし、
凶日と重なったら半減、または相殺されるともいわれています。

昔からの言い伝えです。



節切りとは
各月の
一月:丑・午の日
二月:酉・寅の日
三月:子・卯の日
四月:卯・辰の日
五月:巳・午の日
六月:酉・午の日
七月:子・未の日
八月:卯・申の日
九月:酉・午の日
十月:酉・戌の日
十一月:亥・子の日
十二月:卯・子の日

となっています。
(参考wikipedia)

一粒万倍日 (2010年)

1月: 1日(金) 2日(土) 5日(火) 14日(木)
17日(日) 26日(火) 29日(金)

2月: 8日(月) 13日(土) 20日(土) 25日(木)

3月: 4日(木) 12日(金) 17日(水) 24日(水) 29日(月)

4月: 8日(木) 11日(日) 20日(火) 23日(金)

5月: 2日(日) 5日(水) 6日(木) 17日(月)
18日(火) 29日(土) 30日(日)

6月: 12日(土) 13日(日) 24日(木) 25日(金)

7月: 6日(火) 7日(水) 10日(土) 19日(月) 22日(木) 31日(土)

8月: 3日(火) 13日(金) 18日(水) 25日(水) 30日(月)

9月: 6日(月) 14日(火) 19日(日) 26日(日)

10月: 1日(金) 11日(月) 14日(木) 23日(土) 26日(火)

11月: 4日(木) 7日(日) 8日(月) 19日(金) 20日(土)

12月: 1日(水) 2日(木) 15日(水) 16日(木) 27日(月) 28日(火)



一粒万倍日 (2011年)

1月: 9日(日) 12日(水) 21日(金) 24日(月)

2月: 2日(水) 8日(火) 15日(火) 20日(日) 27日(日)

3月: 4日(金) 7日(月) 12日(土) 19日(土) 24日(木) 31日(木)

4月: 6日(水) 15日(金) 18日(月) 27日(水) 30日(土)

5月: 12日(木) 13日(金) 24日(火) 25日(水)

6月: 5日(日) 7日(火) 8日(水) 19日(日) 20日(月)

7月: 1日(金) 2日(土) 14日(木) 17日(日) 26日(火) 29日(金)

8月: 7日(日) 8日(月) 13日(土) 20日(土) 25日(木)

9月: 1日(木) 6日(火) 9日(金) 14日(水) 21日(水) 26日(月)

10月: 3日(月) 8日(土) 9日(日) 18日(火) 21日(金) 30日(日)

11月: 2日(水) 14日(月) 15日(火) 26日(土) 27日(日)

12月: 10日(土) 11日(日) 22日(木) 23日(金)


不成就日
選日のひとつで、事を起こすにはあまり良くないとされる日です。
結婚・開店など事始めをすることなどは避けたいといわれている日です。
また、
祈願、結婚などの祝い事、お店の開店、子供や屋号の命名、
契約事など、縁起を担ぎたい行事をする日としてもよくないという言い伝えがあります。
不成就日は旧暦の月切りで
8日間隔となっています。
(月切りとは)
旧暦の月の朔日や満月など、(月)から数えた日数の事。
(wikipedia参考)

1月、7月: 3日・11日・19日・27日。
2月、8月: 2日・10日・18日・26日。
3月、と9月: 1日・9日・17日・25 日。
4月、10月: 4日・12日・20日・28日。
5月、11月: 5日・13日・21日・29日。
6月、12月:6日・14日・22日・30日。
旧暦ですのでお間違えのないように。

一粒万倍日、不成就日、共に言い伝えであるということを
ご理解下さいますようお願いします。

日記

2010年厄年の人


厄年は数え年でいう年で表現されます。

生まれたその年に一歳、正月に一歳年を重ねるので、0歳でもお正月には一歳になります。

その後は正月元旦に一歳ずつ年を加えた年齢が数え年になります。

誕生日前であれば+2歳が数え年、誕生日が来ていれば+1歳です。

平成22年(2010年)に厄年に入る人
以下の方々です。
女性)
平成3年生まれ(未年)後厄
平成4年生まれ(申年)本厄
平成5年生まれ(酉年)前厄

昭和52年生まれ(巳年)後厄
昭和53年生まれ(午年)本厄
昭和54年生まれ(未年)前厄

昭和48年生まれ(丑年)後厄
昭和49年生まれ(寅年)本厄
昭和50年生まれ(卯年)前厄

昭和24年生まれ(丑年)後厄
昭和25年生まれ(寅年)本厄
昭和26年生まれ(卯年)前厄



男性)
昭和60年生まれ(丑年)後厄
昭和61年生まれ(寅年)本厄
昭和62年生まれ(卯年)前厄

昭和43年生まれ(申年)後厄
昭和44年生まれ(酉年)本厄
昭和45年生まれ(戌年)前厄

昭和24年生まれ(丑年)後厄
昭和25年生まれ(寅年)本厄
昭和26年生まれ(卯年)前厄

【男性の厄年】
正月時点の年齢 厄の種類 数え年(実年齢+2歳)
お母さんのお腹の中にいる時と
生まれたその年の正月まで
小厄 1歳
1歳 小厄 3歳
3歳 小厄 5歳
5歳 小厄 7歳
8歳 小厄 10歳
12歳 小厄 13歳
22歳 前厄 24歳
23歳 大厄 25歳
24歳 後厄 268歳
39歳 前厄 41歳
40歳 大厄 42歳
41歳 後厄 43歳
47歳 小厄 49歳
50歳 小厄 52歳
53歳 小厄 55歳
58歳 前厄 60歳
59歳 大厄 61歳
60歳 後厄 62歳
62歳 小厄 64歳
71歳 小厄 73歳
80歳 小厄 82歳
83歳 小厄 85歳
89歳 小厄 91歳
【女性の厄年】
実年齢 厄の種類 数え年(実年齢+2歳)
お母さんのお腹の中にいる時と
生まれたその年の正月まで
小厄 1歳
1歳 小厄 3歳
3歳 小厄 5歳
5歳 小厄 7歳
8歳 小厄 10歳
11歳 小厄 13歳
16歳 前厄 18歳
17歳 大厄 19歳
18歳 後厄 20歳
30歳 前厄 32歳
31歳 大厄 33歳
32歳 後厄 34歳
34歳 前厄 36歳
35歳 大厄 37歳
36歳 後厄 38歳
47歳 小厄 49歳
50歳 小厄 52歳
53歳 小厄 55歳
58歳 前厄 60歳
59歳 大厄 61歳
60歳 後厄 62歳
62歳 小厄 64歳
71歳 小厄 73歳
80歳 小厄 82歳
83歳 小厄 85歳
89歳 小厄 91歳

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。